4月の新着ワイン

右より
ドメーヌ・ヴィルジニー・テュヌヴァン(赤)2016
ラ・ナトゥーラ インツォリア(白)2019
インスタント・ベコ(赤)2015

ドメーヌ・ヴィルジニー・テュヌヴァン(赤)2016

ガレージワインだったシャトー・ヴァランドローは、初ヴィンテージの1991年より高い評価を受け、驚異的なスピードでトップワインに肩を並べました。そのオーナー、ジャン・リュック・テュヌヴァン氏の名を冠した一本。ダークプラムとミネラル感の柔らかなプラムの含みにドライフラワーの特徴が伴います。メルロー100%のミディアムボディ、滑らかな味わいとほど良い長さの後味が続きます。フレンチやイタリアンスタイルの赤肉料理はもちろん、ステーキ、焼き肉、焼き鳥、しょうゆを使用した和食などともよく合います。

ラ・ナトゥーラ インツォリア(白)2019

イタリア、シチリアの辛口白ワイン。ぶどうの品種はシチリア原産のインツォリア100%で、シャープな酸味と豊かな果実味が特長の飲みやすいワインです。淡い緑色がっかった麦わら色。柑橘類、洋梨のはっきりしたフルーティな香りが印象的で、味わいはクリーンでフレッシュ。果実味のしっかりした核を持ち、美しくバランスのとれた風味は、まろやかで心地よい後味を伴い、余韻が長く続きます。カジキマグロのグリル、イワシのオーブン焼き、魚介パスタ、カルパッチョなど、シーフード料理とよく合います。

インスタント・ベコ(赤)2015

ボルドー、サン・テミリヨンでプルミエ・グラン・クリュ・クラッセに格付けされている、シャトー・ボー・セジュール・ベコのセカンドラベル。新樽率をほぼ100%にし、無濾過でボトリングする事で、凝縮した味わいに仕上げています。深いルビー色。カシスやブラックチェリーなどの黒系果実のアロマにバニラ香りのアクセント。フレッシュかつ完熟した赤い果実のニュアンスが加わり、柔らかなタンニンとしっかりした樽香が上品に溶け合います。赤肉や白肉のグリル、テリーヌ、鴨のコンフィ、熟成したコンテチーズとよく合います。

春のコースはじめました!

・春のオードブル盛合せ(自家製スモークサーモン、アスパラ、生ハム 等)
     または
・生ハムとアスパラとチーズ、のサラダ

  ※どちらかをお選びください。

・ソラマメのクリームスープ

・旬のお魚料理 クリームバジルソース

・特選黒毛和牛ステーキ
     または
・黒毛和牛ビーフシチュー

  ※どちらかお選びください。

・パン

・デザート

・コーヒー または 紅茶

3月の新着ワイン

右より
・ラ・ナトゥーラ インツォリア(白)2019
・シャトー・フェラン・セギュール(赤)2013
・メゾン・リヴィエール・メニュ・ルージュ(赤)2016

ラ・ナトゥーラ インツォリア(白)2019

イタリア、シチリアの辛口白ワイン。ぶどうの品種はシチリア原産のインツォリア100%で、シャープな酸味と豊かな果実味が特長の飲みやすいワインです。淡い緑色がっかった麦わら色。柑橘類、洋梨のはっきりしたフルーティな香りが印象的で、味わいはクリーンでフレッシュ。果実味のしっかりした核を持ち、美しくバランスのとれた風味は、まろやかで心地よい後味を伴い、余韻が長く続きます。カジキマグロのグリル、イワシのオーブン焼き、魚介パスタ、カルパッチョなど、シーフード料理とよく合います。

シャトー・フェラン・セギュール(赤)2013

フェラン・セギュールは、18世紀末に祖国アイルランドからボルドーに移住したワイン商人、ベルナール・フェランによってつくられたワイナリー。2013ヴィンテージはカベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロ40%で、中くらいから深みのある濃いルビー色。ノーズはストロベリー、ブラックカラントとバニラ、トーストの含みがあります。味わいは、まろやかながら果実味の核とタンニンのしっかりとした骨格を持ち、後味にフレッシュな酸味とわずかな渋味が残ります。赤身肉、ラム肉料理とよく合います。

メゾン・リヴィエール・メニュ・ルージュ(赤)2016

サンテミリオン・グランクリュ、「クロ・デ・メニュ」の蔵元、メゾン・リヴィエール社の高品質ワインです。特級ワインのスタッフが、同じオーク樽を使って熟成させています。バニラやオーク樽のローストした香り。12ヶ月間熟成させたメルローらしい濃密な果実味は、角の取れたまろやかなタンニンと見事に調和し、洗練された味わいとなっています。ジルベールエガイヤール2019金賞。和牛ステーキ、鴨肉のロースト、ローストチキン、ビーフシチューとよく合います。

2月の新着ワイン

右から
・ドメーヌ・デュ・サルヴァ ”ドゥレイユ” (白)2018
・アール・ ドゥ・ ヴィーヴル ラングドック(赤)2015
・ドメーヌ・ヴィルジニー・テュヌヴァン(赤)2016

ドメーヌ・デュ・サルヴァ ”ドゥレイユ” (白)2018

フランス、ロワール地方、シュヴェルニー地区の「ドメーヌ・デュ・サルヴァ」による辛口の白ワイン。ほのかに緑色がかった淡い金色。注ぐと小さな炭酸の泡が現れ、ライチ、マンゴ、グレープフルーツやアカシアの花の含みなど、芳醇で爽やかな香りが立つ。炭酸のピチピチした刺激と豊富な酸味、清涼感のある瑞々しい果実味が美しく溶け込み、歯切れの飲み口の中に芳醇な味わいも感じさせます。ブドウ品種はソーヴィニヨン・ブラン84%、シャルドネ16%。シーフードや魚料理、チーズ、白身肉の料理とよく合います。

アール・ ドゥ・ ヴィーヴル ラングドック(赤)2015

南フランス原産のブドウ品種シラー、グルナッシュ、ムールヴェードルをブレンドした典型的な南フランスワイン。ボトルが陶器というのが珍しく、地中海の特有の好きな暮らし、好みの生き方(アール・ ドゥ・ ヴィーヴル)を表現するネーミング、デザインと相まって、とてもおしゃれで知的なセンスを感じます。濃いルビー色。複雑でエレガントなノーズは赤果実の含みを持ち、程よい酸味と良く組成された柔らかなタンニンとが美しく調和しています。グリルしたお肉、地中海料理とよく合います。

ドメーヌ・ヴィルジニー・テュヌヴァン(赤)2016

ガレージワインだったシャトー・ヴァランドローは、初ヴィンテージの1991年より高い評価を受け、驚異的なスピードでトップワインに肩を並べました。そのオーナー、ジャン・リュック・テュヌヴァン氏の名を冠した一本。ダークプラムとミネラル感の柔らかなプラムの含みにドライフラワーの特徴が伴います。メルロー100%のミディアムボディ、滑らかな味わいとほど良い長さの後味が続きます。フレンチやイタリアンスタイルの赤肉料理はもちろん、ステーキ、焼き肉、焼き鳥、しょうゆを使用した和食などともよく合います。

営業時間等の変更について

緊急事態宣言再発令を数日後に控えるにあたり、明日より1ヶ月をメドに営業時間を下記の通り変更いたします。

ランチ営業  11:30~13:30(L.O) 通常通り

ディナー営業 17:30~19:00(L.O) 20:00まで 変更

ご不便をおかけしますが、ご了承の程よろしくお願いします。

1月の新着ワイン

右より
・シャトー・グラン・マルソー(赤)2009
・ドメーヌ・ヴィルジニー・テュヌヴァン(赤)2016
・ E・ギガル コート・デュ・ローヌ ルージュ(赤)2012

・シャトー・グラン・マルソー(赤)2009

シャトー・マルソーは、果実味が特徴的なボルドー右岸のワイナリー。モダンスタイルで凝縮感があり、パワフル、複雑味のあるフルボディのワインを作ることで知られています。赤果実や黒果実のノーズに、黒胡椒、リコリス、シナモンなどのスパイシーなニュアンスが複雑に混じり合い奥深い熟成香が漂います。果実味と、強めながら丸みを帯びたやわらかいタンニンが見事に溶け合い、シルキーでバランスの良い味わいが余韻まで続きます。お肉料理とよく合う10年熟成のメドック産赤ワイン。しかも当たり年2009年ものはおすすめの一本です。

・ドメーヌ・ヴィルジニー・テュヌヴァン(赤)2016

ガレージワインだったシャトー・ヴァランドローは、初ヴィンテージの1991年より高い評価を受け、驚異的なスピードでトップワインに肩を並べました。そのオーナー、ジャン・リュック・テュヌヴァン氏の名を冠した一本。ダークプラムとミネラル感の柔らかなプラムの含みにドライフラワーの特徴が伴います。メルロー100%のミディアムボディ、滑らかな味わいとほど良い長さの後味が続きます。フレンチやイタリアンスタイルの赤肉料理はもちろん、ステーキ、焼き肉、焼き鳥、しょうゆを使用した和食などともよく合います。

・ E・ギガル コート・デュ・ローヌ ルージュ(赤) 2012

E・ギガルは、コート・デュ・ローヌの帝王と称され、パーカー100点満点を世界でいちばん多く獲得してきた生産者。そのなかでも、通にも初心者にもオススメ、誰が飲んでも美味しいお手頃ワインがコレ。やや深みを帯びたルビー色。ブラックベリーやプラムなどの果実香に、スミレを思わせるフローラルな香り、スパイシーな香りも。まろやかな中にもきりりとした味わいがあり、丸みのあるスムースなタンニンとアロマティックでリッチな果実味。タンニンと果実味のバランスの良い余韻が長く続きます。

年末年始のお知らせ

毎度お引き立ていただき、誠にありがとうございます。
当店は、12月31日(木)より1月4日(月)まで、年末年始特別休業とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご容赦のほどよろしくお願いたします。

12月の新着ワイン

右より
・ロス・イントカブレ マルベック (赤)2018
・シャトー・フェラン・セギュール(赤)2013
・アルテロ クリアンサ(赤)2015

ロス・イントカブレ マルベック (赤)2018

アルゼンチンを代表するブドウ品種「マルベック」100%のアルゼンチン・ワイン。マルベックはポリフェノールの含有率が高く、「黒ワイン」とも呼ばれています。力強い紫色、キャンディやバニラの含みを持つ赤果実、チェリー、葡萄の快い香り。やさしい口当たりで始まり、柔らかなタンニンはクリーミーでボリュームがあり、フレッシュさも感じます。熟した果実味は、オークのスモークの含みと完璧に融和し、余韻となって長く続きます。塩と胡椒のみで味付けしたシンプルな牛肉料理、特に赤身肉とよく合います。

シャトー・フェラン・セギュール(赤)2013

フェラン・セギュールは、18世紀末に祖国アイルランドからボルドーに移住したワイン商人、ベルナール・フェランによってつくられたワイナリー。2013ヴィンテージはカベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロ40%で、中くらいから深みのある濃いルビー色。ノーズはストロベリー、ブラックカラントとバニラ、トーストの含みがあります。味わいは、まろやかながら果実味の核とタンニンのしっかりとした骨格を持ち、後味にフレッシュな酸味とわずかな渋味が残ります。

アルテロ クリアンサ(赤)2015

スペイン中部の都市、ラ・マンチャのワイン。「マンチャ」とはアラビア語の「乾燥した土地」が語源と言われ、ぶどうが完熟しやすく、凝縮された果実味のあるワインの産地として知られています。濃い鮮やかな、きれいなルビー色。熟した果実味、トースト、ペッパーとバルサミコ酢の力強く複雑なアロマ。 まろやかであたたかく、美しいバランスの味わいと、長く心地よい後味が続きます。ローストやグリルした肉、豆類、中位から強い風味のチーズとよく合います。コンコース・モンディアル・ドゥ・ブリュッセル2018にて金メダル受賞!