12月の新着ワイン

写真右より
・ボジョレー・ロゼ・ヌーヴォー(ロゼ)2019
・シャトー・グラン・マルソー(赤)2009
・アグアリベイ(赤)2017

・ボジョレー・ロゼ・ヌーヴォー(ロゼ)2019

ボジョレーヌーボーは、9月に収穫したブドウを11月までのわずか2ヶ月で醸造したボジョレー地方の新酒ワインです。赤ワインとロゼのみを生産されていて、フルーティな香りのほか、口当たりが柔らかく、フレッシュでまろやかな味わいを楽しめるのが特徴となっています。「ボジョレー」を名乗ることができるのは、ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で特定の条件にて栽培されたガメイ種を使ったワインだけ。このロゼは、飲み口が軽く、渋みも控えめなのでオードブルやサラダ、カルパッチョ、魚料理などシンプルな料理とよく合います。

・シャトー・グラン・マルソー(赤)2009

シャトー・マルソーは、果実味が特徴的なボルドー右岸のワイナリー。モダンスタイルで凝縮感があり、パワフル、複雑味のあるフルボディのワインを作ることで知られています。赤果実や黒果実のノーズに、黒胡椒、リコリス、シナモンなどのスパイシーなニュアンスが複雑に混じり合い奥深い熟成香が漂います。果実味と、強めながら丸みを帯びたやわらかいタンニンが見事に溶け合い、シルキーでバランスの良い味わいが余韻まで続きます。お肉料理とよく合う10年熟成のメドック産赤ワイン。しかも当たり年2009年ものはおすすめの一本です。

・アグアリベイ(赤)2017

アルゼンチン、メンドーサ地方アンデス山脈麓、ロートシルト家のバロン・ベンジャミン・ドゥ・ロートシルトとローレン・ダッソーにより2003年に設立された「フレシャス・デ・ロス・アンデス(アンデスの矢の意)」にて作られた赤ワイン。タンニン豊富なマルベック種を100%使用し、色の濃い、辛口に仕上がっています。グリルした肉料理やフランス産チーズと良く合い、ワイン・スペクテイターの元副編集長ジェームス・サックリング氏が91ポイントをつけたことでも知られています。なおアグアリベイという名前は、インカ族が神聖な木としたメンドーサ地域の象徴的な樹木にちなんでいます。

11月の新着ワイン

写真右より
・ピノ・シャルドネ・スプマンテ・ハーフ(白)
・ル・ボルドー・ドゥ・シトラン(赤)2015
・サン・テステフ・ド・カロン・セギュール(赤)2013

・ピノ・シャルドネ・スプマンテ・ハーフ(白)

ピノ・ビアンコ種とシャルドネ種を用いて造られた本格的な辛口のイタリア産スパークリング(スプマンテ)ワイン。品種はピノ・ビアンコ50%、シャルドネ50%。グリーンがかった淡いレモンイエロー。洋梨、りんご、グレープフルーツといった果実の香りや白い花、トースト、ミネラルなどの香りが絡み合います。華やかな含み香と広がるジューシーな果実感。軽快で程よいボリューム感とスッキリとした後味。前面に出てくる果実味はドライな仕上がりとなっていて、アペリティフはもちろん、さまざまな料理との相性もよいので、パーティでも食卓でも活躍します。

・ル・ボルドー・ドゥ・シトラン(赤)2015

メドック・クリュ・ブルジョワの中でも最上のひとつといわれるシャトー・シトランのボルドー・スペリュール。風格を感じさせるバランスの取れた上質な味わいが特徴。品種はカベルネ・ソーヴィニヨン,とメルロー。きれいなルビーレッド色。ブーケは特にほのかなアロマがあり、スパイスや熟した果物の含み。風味はクリーンなアタックで、バランスの取れたタンニンの組成に潅木の柔らかなアロマがあります。とりわけ果実味が素晴らしく、エレガントで繊細、しかも長くつづく味わいが見事な個性に。グリルした赤身肉、熟成したチーズとよく合います。

・サン・テステフ・ド・カロン・セギュール(赤)2013

力強さと繊細さをあわせ持つボルドー、サン・テステフ村カロン・セギュールのサードワイン。このワインは樹齢の若いブドウから造られているため、フレッシュでより親しみやすい味わいが特徴。2013年のボルドーは、不安定な天候が続く厳しい年でしたが、収量を抑え、カベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド比率を上げることで傑出した味わいを造り出しました。軽やかな味わいですが、優雅で高い品質を感じます。ちなみにラベルのハートマークは、かつてラフィット、ラトゥールも所有したセギュール侯爵がこのワインを最も愛したゆえに付けられたと言われています。

価格変更のお知らせ

お客様各位

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます
令和元年10月からの消費税率の改定等に伴い
10月1日より当店の表示価格(税込)を変更することとなりました


つきましては10月1日以降の価格をホームページに表示いたしまたので、
なにとぞ、ご了承のほどよろしくお願いします。

10月の新着ワイン

写真右より
・トソ・スパークリング・ブリュット(白)2015
・シャトー・ヴェイラック(赤)1998
・ボデガス・ビルバイナス エデラ クリアンサ(赤)2015

・トソ・スパークリング・ブリュット(白)2015

アルゼンチン、メンドーサ地方マイプ地区のスパークリングワイン。品種はシャルドネ100%。少し緑色がかった、輝く淡いレモン色、泡がずっと出てきます。繊細で融和した香りは、ほのかにトースティーでイーストがかり、柑橘類のニュアンスが伴っています。飲み口はフレッシュでクリーン、美しくまろやかで、繊細な果実、優しい酸味、魅力的でヴェルヴェットのような舌触り。アロマは風味に反映されて、柔らかい後味となってこだまする、調和の取れた飲みやすいスパークリングワインです。

・シャトー・ヴェイラック(赤)1998

ボルドーを代表するサンテミリオンのグレートヴィンテージ。美しい熟成を感じさせる葉巻や紅茶の香りと、その奥からあふれ出すカシスリキュールやプルーンの濃密なアロマ。スミレの花やムスク、さらに肉のような香りも複雑に溶け込み、とても素晴らしいアロマです。柔らかな熟成感をまとったシルキーな飲み心地は、しっとりとして極めてエレガント。タンニンの渋みもこなれ、サンテミリオンらしい丸みのある味わいに美しい陰影をプラスします。伸びやかな酸と旨みのバランスも絶妙で、飲み干した後のアロマは非常に甘美。18年熟成の旨みの余韻に浸れます。

・ボデガス・ビルバイナス エデラ クリアンサ(赤)2015

リオハで最も歴史の長いワイナリー、ボデガス・ビルバイナス。1925年、アルフォンソ13世の日常酒としてこのボデガのワインが採用され、王室御用達メーカーに指定されました。品種はテンプラニーリョ。調和のとれたガーネットチェリーとすみれ色。熟した果実とシナモンのアロマ。柔軟なミディアムボディ。やさしい舌さわりで程よい長さの余韻。クリアンサ(赤ワインの場合最低24か月以上、うち6ヶ月以上樽熟)の特徴が良く表れています。チーズ、冷たい肉料理、オムレツ、ローストビーフ、きのこ料理とよく合います。

9月の新着ワイン

右から
ル・プティット・リュンヌ・ブラン(白)2015
レ・オー・ドゥ・ラ・ガフリエール ボルドー ルージュ(赤)2014
サン・テステフ・ド・カロン・セギュール(赤)2013

ル・プティット・リュンヌ・ブラン(白)2015

ドメーヌ・ド・シュヴァリエオーナーのオリビエ・ベルナールと、ドメーヌ・ド・シュヴァリエでもコンサルタントを務める天才醸造家のステファン・ドゥルノンクールが手を組み、生み出した逸品がラ・プティット・リュンヌです。コクのある魅力的なノーズ。白桃、フレッシュなアプリコット、エキゾチックな白い花、柑橘類のアロマが立ち上る。まろやかな風味は柔らかく、熟した味わいを持ち、きれいな酸味が広がり、風味と芳香の調和が取れています。ワインはキリッとしていて、一口でその美しさ、旨さが分かります。

レ・オー・ドゥ・ラ・ガフリエール ボルドー ルージュ(赤)2014

レ・オー・ドゥ・ラ・ガフリエールは、サンテミリオンのプルミエ・クリュ・クラッセのシャトー・ラ・ガフリエールのオーナー、アレクサンドル・ドゥ・マレ・ロックフォールによるもの。赤い色の果物やスミレの繊細な香りと、スパイシーなバニラの含みを伴い、風味はフレッシュでまろやか。美しくバランスがとれていて、調和したウッドの含みを伴います。タンニンは滑らかできれいにブレンドされていて、豊かな果実味の余韻が長く続きます。ウサギのテリーヌや牛肉、羊肉料理。カマンベールチーズとよく合います。2017年度のANA国際線ビジネスクラスサービスワインに選ばれています。

・サン・テステフ・ド・カロン・セギュール(赤)2013

力強さと繊細さをあわせ持つボルドー、サン・テステフ村カロン・セギュールのサードワイン。このワインは樹齢の若いブドウから造られているため、フレッシュでより親しみやすい味わいが特徴。2013年のボルドーは、不安定な天候が続く厳しい年でしたが、収量を抑え、カベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド比率を上げることで傑出した味わいを造り出しました。軽やかな味わいですが、優雅で高い品質を感じます。ちなみにラベルのハートマークは、かつてラフィット、ラトゥールも所有したセギュール侯爵がこのワインを最も愛したゆえに付けられたと言われています。

☆夏季休業のお知らせ☆

平素は格別のご愛顧を賜わり、厚くお礼申しあげます。
誠に勝手ながら下記の期間を夏季休業といたします。

【夏季休業期間】
2019年8月11日(日) ~ 2019年8月14日(水)

期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

7月の新着ワイン

右から
シャトー・ラベゴルス(赤)2011 A.O.C.マルゴー
ル・プティット・リュンヌ・ブラン(白)2015
ラ・クロズリー・ド・フルテ(赤)2012

シャトー・ラベゴルス(赤)2011 A.O.C.マルゴー

格付3級のシャトー・マルキ・ダレム・ベッカーと同経営のシャトー・ラベゴルスは、ワイン評論家のD.ペッパーコーン氏より「いかにもマルゴーらしいフィネスと繊細さがある」と評され、定評のあるワイン生産者。濃い紫でわずかに縁がオレンジ色。ノーズはミックスされたフローラルノートを前面に、甘いブラックチェリーとブラックカラントの果実香り。ビロードのような口当たりで、チェリーや軽いラズベリーの風味、ミディアムボディの熟したタンニン。ほどよい酸味と深みがあり、余韻が長く続きます。

ル・プティット・リュンヌ・ブラン(白)2015

ドメーヌ・ド・シュヴァリエオーナーのオリビエ・ベルナールと、ドメーヌ・ド・シュヴァリエでもコンサルタントを務める天才醸造家のステファン・ドゥルノンクールが手を組み、生み出した逸品がラ・プティット・リュンヌです。コクのある魅力的なノーズ。白桃、フレッシュなアプリコット、エキゾチックな白い花、柑橘類のアロマが立ち上ります。柔らかくまろやかな風味、熟した味わいときれいな酸味が広がり、風味と芳香の調和が取れています。ワインはキリッとしていて、一口でその美しさ、旨さが分かります。

ラ・クロズリー・ド・フルテ(赤)2012

サンテミリオンのトップシャトーが集まる台地にブドウ畑を持ち、サンテミリオン・グランクリュ・クラッセBに格付けされるクロフルテ。ファーストラベルのシャトー・クロ・フルテ 2009が、ロバート・パーカーに100点満点をつけられたことでも知られています。ラ・クロズリー・ド・フルテはそのセカンドラベル。深いルビーの色合い。ノーズは複雑で黒い果実と香辛料のアロマにスミレとユリの花の含みが加わります。飲み口はシルキーで穏やかなタンニン、わずかに甘草含みがあり、長い余韻が残ります。

夏のコース

■■「夏のコース」■■

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

夏のオードブル盛合せ

・自家製スモークサーモン
・田舎風パテ
・生ハム 等

または

カマンベールチーズと生ハムのサラダ

※どちらかをお選びください
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

栗かぼちゃのクリームスープ

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

旬のお魚料理
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

【常陸牛】特選黒毛和牛ステーキ

または

黒毛和牛ビーフシチュー

※どちらかをお選びください
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

パン

デザート

コーヒーまたは紅茶

¥4,300(税込)

※写真はイメージです。

6月の新着ワイン

写真右より
・シャトー・ラ・ジャルグ(白)2017
・セニョール・ド・ラ・トゥール・カルネ(赤)2009
・シャトー・カプベルン(赤)2013

シャトー・ラ・ジャルグ(白)2017

シャトー・ラ・ジャルグは、2007年のボルドー・アキテーヌ・ワイン・コンクールで赤も白も金賞を受賞した事のある実力派シャトー。古くは、キリスト教の教会が所有でしたが、後に教会とシャトーの運営が切り離され独立しました。今ではフランスの名門評価誌ギド・アシェットにも掲載されるなど、コストパフォーマンスの高いワインを造るシャトーとして高く評価されています。このワインの品種はソーヴィニヨンブラン60%、セミヨン40%。クリアで美しく輝きのある外観、花の香りやフルーティーな香りが印象的。心地よく爽やかな果実味の味わいが今の季節にピッタリ!飲みやすい辛口白ワインです。

・セニョール・ド・ラ・トゥール・カルネ(赤)2009

メドック・グラン・クリュ・クラッセ格付第4級のシャトー・ラ・トゥール・カルネによる珍しいセカンド・ラベルです。造り手はシャトー・パプ・クレマンや、フォンブラージュの所有で知られるボルドーワイン界のリーダー!ベルナール・マグレ氏。近年素晴らしい品質のワインを造りあげ、ロバート・パーカー氏より4つ星生産者に挙げられています。深みのあるルビー色。ノーズは軽く、赤い果実に少しペッパーが香ります。豊かでリッチな果実とダークチョコレートの風味。タンニンは丸みを帯びて滑らかでよく調和しており、ややドライな余韻が長く続きます。牛フィレ肉など赤身肉の料理にピッタリ。

シャトー・カプベルン(赤)2013

シャトー・カプベルン(赤)2013は、メドック・グラン・クリュ・クラッセ格付第3級のシャトー・カロン・セギュールのセカンドラベル。2013年ヴィンテージから「カプベルン・ガクストン」から「カプベルン」に名称変更しラベルも一新しました。この2013年のファーストがロバート・パーカー氏より92〜94点と高く評価され、各ワイン誌からも高評価を獲得しています。輝きのある深いルビー色。カシスやブラックチェリーなどの豊かなアロマが溢れ、繊細なテクスチャのタンニンとリッチな果実の風味がバランスのよく溶け合う、究極フルボディ辛口赤ワインに仕上がっています。

5月の新着ワイン

写真右より
・ラ・クロズリー・ド・フルテ(赤)2012
・シャトー・ラベゴルス(赤)2011 A.O.C.マルゴー
・ラ・ディヴァット ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リー(白)2015

ラ・クロズリー・ド・フルテ(赤)2012

サンテミリオンのトップシャトーが集まる台地にブドウ畑を持ち、サンテミリオン・グランクリュ・クラッセBに格付けされるクロフルテ。ファーストラベルのシャトー・クロ・フルテ 2009が、ロバート・パーカーに100点満点をつけられたことでも知られています。ラ・クロズリー・ド・フルテはそのセカンドラベル。深いルビーの色合い。ノーズは複雑で黒い果実と香辛料のアロマにスミレとユリの花の含みが加わります。飲み口はシルキーで穏やかなタンニン、わずかに甘草含みがあり、長い余韻が残ります。

シャトー・ラベゴルス(赤)2011 A.O.C.マルゴー

格付3級のシャトー・マルキ・ダレム・ベッカーと同経営のシャトー・ラベゴルスは、ワイン評論家のD.ペッパーコーン氏より「いかにもマルゴーらしいフィネスと繊細さがある」と評され、定評のあるワイン生産者。濃い紫でわずかに縁がオレンジ色。ノーズはミックスされたフローラルノートを前面に、甘いブラックチェリーとブラックカラントの果実香り。ビロードのような口当たりで、チェリーや軽いラズベリーの風味、ミディアムボディの熟したタンニン。ほどよい酸味と深みがあり、余韻が長く続きます。

・ラ・ディヴァット ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リー(白)2015

「ミュスカデ」は他の地域にはないブドウ品種を独特の製法でつくった辛口白ワインです。「セーブル・エ・メーヌ」とは、ロワール地方のセーヴル川とメーヌ川周辺の23の村で作られものを指し、「シュール・リー」とは、通常行う発酵の途中で出る「澱」を取り除く作業をしない製法のこと。これにより「よりまろやか」で「ミネラル感を得られる」と言われています。緑がかった淡い黄色で、力強い花の芳香はスパイスとワインの含みがあります。豊かで爽快、バランスのとれた風味は、春から夏にかけて楽しむのにピッタリの白です。