6月の新着ワイン

写真右より
・シャトー・ラ・ジャルグ(白)2017
・セニョール・ド・ラ・トゥール・カルネ(赤)2009
・シャトー・カプベルン(赤)2013

シャトー・ラ・ジャルグ(白)2017

シャトー・ラ・ジャルグは、2007年のボルドー・アキテーヌ・ワイン・コンクールで赤も白も金賞を受賞した事のある実力派シャトー。古くは、キリスト教の教会が所有でしたが、後に教会とシャトーの運営が切り離され独立しました。今ではフランスの名門評価誌ギド・アシェットにも掲載されるなど、コストパフォーマンスの高いワインを造るシャトーとして高く評価されています。このワインの品種はソーヴィニヨンブラン60%、セミヨン40%。クリアで美しく輝きのある外観、花の香りやフルーティーな香りが印象的。心地よく爽やかな果実味の味わいが今の季節にピッタリ!飲みやすい辛口白ワインです。

・セニョール・ド・ラ・トゥール・カルネ(赤)2009

メドック・グラン・クリュ・クラッセ格付第4級のシャトー・ラ・トゥール・カルネによる珍しいセカンド・ラベルです。造り手はシャトー・パプ・クレマンや、フォンブラージュの所有で知られるボルドーワイン界のリーダー!ベルナール・マグレ氏。近年素晴らしい品質のワインを造りあげ、ロバート・パーカー氏より4つ星生産者に挙げられています。深みのあるルビー色。ノーズは軽く、赤い果実に少しペッパーが香ります。豊かでリッチな果実とダークチョコレートの風味。タンニンは丸みを帯びて滑らかでよく調和しており、ややドライな余韻が長く続きます。牛フィレ肉など赤身肉の料理にピッタリ。

シャトー・カプベルン(赤)2013

シャトー・カプベルン(赤)2013は、メドック・グラン・クリュ・クラッセ格付第3級のシャトー・カロン・セギュールのセカンドラベル。2013年ヴィンテージから「カプベルン・ガクストン」から「カプベルン」に名称変更しラベルも一新しました。この2013年のファーストがロバート・パーカー氏より92〜94点と高く評価され、各ワイン誌からも高評価を獲得しています。輝きのある深いルビー色。カシスやブラックチェリーなどの豊かなアロマが溢れ、繊細なテクスチャのタンニンとリッチな果実の風味がバランスのよく溶け合う、究極フルボディ辛口赤ワインに仕上がっています。

5月の新着ワイン

写真右より
・ラ・クロズリー・ド・フルテ(赤)2012
・シャトー・ラベゴルス(赤)2011 A.O.C.マルゴー
・ラ・ディヴァット ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リー(白)2015

ラ・クロズリー・ド・フルテ(赤)2012

サンテミリオンのトップシャトーが集まる台地にブドウ畑を持ち、サンテミリオン・グランクリュ・クラッセBに格付けされるクロフルテ。ファーストラベルのシャトー・クロ・フルテ 2009が、ロバート・パーカーに100点満点をつけられたことでも知られています。ラ・クロズリー・ド・フルテはそのセカンドラベル。深いルビーの色合い。ノーズは複雑で黒い果実と香辛料のアロマにスミレとユリの花の含みが加わります。飲み口はシルキーで穏やかなタンニン、わずかに甘草含みがあり、長い余韻が残ります。

シャトー・ラベゴルス(赤)2011 A.O.C.マルゴー

格付3級のシャトー・マルキ・ダレム・ベッカーと同経営のシャトー・ラベゴルスは、ワイン評論家のD.ペッパーコーン氏より「いかにもマルゴーらしいフィネスと繊細さがある」と評され、定評のあるワイン生産者。濃い紫でわずかに縁がオレンジ色。ノーズはミックスされたフローラルノートを前面に、甘いブラックチェリーとブラックカラントの果実香り。ビロードのような口当たりで、チェリーや軽いラズベリーの風味、ミディアムボディの熟したタンニン。ほどよい酸味と深みがあり、余韻が長く続きます。

・ラ・ディヴァット ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リー(白)2015

「ミュスカデ」は他の地域にはないブドウ品種を独特の製法でつくった辛口白ワインです。「セーブル・エ・メーヌ」とは、ロワール地方のセーヴル川とメーヌ川周辺の23の村で作られものを指し、「シュール・リー」とは、通常行う発酵の途中で出る「澱」を取り除く作業をしない製法のこと。これにより「よりまろやか」で「ミネラル感を得られる」と言われています。緑がかった淡い黄色で、力強い花の芳香はスパイスとワインの含みがあります。豊かで爽快、バランスのとれた風味は、春から夏にかけて楽しむのにピッタリの白です。

4月の新着ワイン

写真右より
・シャトー・ラ・ジャルグ(白)2017
・アンスタン・ベコ(赤)2015
・ブルゴーニュ ピノ ノワール(赤) 2017 カーヴ・ド・リュニー

シャトー・ラ・ジャルグ(白)2017

シャトー・ラ・ジャルグは、2007年のボルドー・アキテーヌ・ワイン・コンクールで赤も白も金賞を受賞した事のある実力派シャトー。古くは、キリスト教の教会が所有でしたが、後に教会とシャトーの運営が切り離され独立しました。今ではフランスの名門評価誌ギド・アシェットにも掲載されるなど、コストパフォーマンスの高いワインを造るシャトーとして高く評価されています。このワインの品種はソーヴィニヨン ブラン60%、セミヨン40%。クリアで美しく輝きのある外観、花の香りやフルーティーな香りが印象的。心地よく爽やかな果実味のフレッシュな味わいが特徴の飲みやすい辛口白ワインです。

アンスタン・ベコ(赤)2015

アンスタン・ベコは、ボルドー地区、サン・テミリヨンでプルミエ・グラン・クリュ・クラッセに格付けされている、シャトー・ボー・セジュール・ベコのセカンドラベル。2014年が初のヴィンテージで、熟した黒い果実のフレッシュな香り、しなやかなタンニンなど新鮮な魅力に溢れた味わいが人気でした。力強く快活な深みのあるルビーと紫色。ブラックチェリー、フレッシュなブラックカラントのアロマが香る甘いノーズが立ち上り、リコリスの含み。アタックは美しいバランスで、ブラックベリー、ストロベリーの風味のあと、濃厚な程良い長さの余韻が残ります。肉のグリルやテリーヌ、鴨のコンフィ、熟成したコンテチーズとよく合います。

ブルゴーニュ ピノ ノワール(赤)2017 カーヴ・ド・リュニー

ピノ・ノワール100%のブルゴーニュ、ミディアムボディの辛口が好みの方におすすめのワインです。カーヴ・ド・リュニーはマコン地区の30%を占める生産量を誇る指折りの生産協同組合。コストパフォーマンスが高く、アメリカとイギリスでは30年以上に渡って絶大な人気を誇っています。平均樹齢30年以上の日当たりの良い斜面のピノ・ノワールから造られたこのワインは、淡いルビー色。赤い果実と黒い果実のアロマがふんわりと漂い、スパイスのニュアンスも。やさしくふくらみのある果実味に加え、ピノ・ノワールらしい繊細で上品な味わいが感じられます。パリ農業コンクールゴールドメダル(金賞)受賞しています。

春のコース

春のオードブル盛り合わせ
<自家製スモークサーモン・アスパラ・生ハム 等>
または
<生ハムとアスパラとトマトのサラダ>
(どちらかをお選びください)
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
ソラマメのクリームスープ
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
旬のお魚料理 クリームバジルソース
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

特選黒毛和牛ステーキ
または
黒毛和牛ビーフシチュー
(どちらかをお選びください)
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
パン
デザート
コーヒーまたは紅茶

¥4,300(税込)

2月の新着ワイン

写真右より
・ル・ボルドー・ドゥ・シトラン(赤)2015
・サン・テステフ・ド・カロン・セギュール(赤)2013
・ベルコッレ バルバレスコ・リゼルヴァ(赤)2007

・ル・ボルドー・ドゥ・シトラン(赤)2015

メドック・クリュ・ブルジョワの中でも最上のひとつといわれるシャトー・シトランのボルドー・スペリュールで、風格を感じさせるバランスの取れた上質な味わいが特徴。きれいなルビーレッド色。ブーケのほのかなアロマがあり、スパイスや熟した果物の含み。口当たりはクリーンで、バランスの取れたタンニンの組成に、潅木の柔らかなアロマがあります。果実味が素晴らしくエレガントで繊細。極めて長い味わいが見事な個性となっています。グリルした赤身肉、熟成したチーズとよく合います。

・サン・テステフ・ド・カロン・セギュール(赤)2013

力強さと繊細さをあわせ持つボルドー、サン・テステフ村カロン・セギュールのサードワイン。このワインは樹齢の若いブドウから造られているため、フレッシュでより親しみやすい味わいが特徴。2013年のボルドーは、厳しい年でしたが、収量を抑え、カベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド比率を上げることで傑出した味わいを造り出しました。軽やかな味わいですが、優雅で高い品質を感じます。セギュール侯爵がこのワインを最も愛したゆえにハートマークが付けられたと言われています。

・ベルコッレ バルバレスコ・リゼルヴァ(赤)2007

ベルコッレはイタリア・ピエモンテ州で、フランコ兄弟とカルロ・ポンティリオーネ兄弟、ジュゼッペ・プリオーラ兄弟が設立した歴史あるワイナリー。2015年よりサント・ステファノ・ベルボ村のボジオ・ファミリーの所有となりました。色は輝きのある、ややオレンジ色を帯びたルビーレッド。熟れた赤い果実のアロマに、スパイス、ドライフラワー、バニラなどの甘美で華やかな香りがあります。口当たりはスムーズでボリュームがあります。丸みを帯びた酸味とシルキーなタンニンが見事に調和した深みのある味わい。ビーフシチューなどによく合います。

2/2(土)おいでよ亀有Winter Festival2019に出店!

2/2(土)10時より亀有リリオパーク(亀有駅南口)にて開催される「おいでよ亀有Winter Festival2019」にビストロビスクが出店いたします。

お近くの方はお誘い合わせの上、ぜひご来店ください。お待ち申し上げております。

おいでよ亀有Winter Festival2019

主 催:おいでよ亀有実行委員会
日 時:平成31年2月2日(土)午前10時~午後4時
会 場:亀有リリオパーク(亀有駅南口)

【内容】フードドライブ・模擬店・ステージパフォーマンス

詳細は亀有地区商店街協議会まで

1月の新着ワイン

写真右より
・サン・テステフ・ド・カロン・セギュール(赤)2013
・ルネ・ルカン・コラン ブルゴーニュ ピノ・ノワール(赤)2015
・ディアンヌ ド ベルグラーブ(赤)2011

・サン・テステフ・ド・カロン・セギュール(赤)2013

力強さと繊細さをあわせ持つボルドー、サン・テステフ村カロン・セギュールのサードワイン。このワインは樹齢の若いブドウから造られているため、フレッシュでより親しみやすい味わいが特徴。2013年のボルドーは、不安定な天候が続く厳しい年でしたが、収量を抑え、カベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド比率を上げることで傑出した味わいを造り出しました。軽やかな味わいですが、優雅で高い品質を感じます。ちなみにラベルのハートマークは、かつてラフィット、ラトゥールも所有したセギュール侯爵がこのワインを最も愛したゆえに付けられたと言われています。

・ルネ・ルカン・コラン ブルゴーニュ ピノ・ノワール(赤)2015

ルネ・ルカン=コランは、ブルゴーニュの「若き才能」の一人に選ばれたフランソワ・ルカンがワインメーカーを務めており、ピノ・ノワールは、ぶどうの枝を水平に広げた「コルドン・ドゥ・ロヤ Corodon de royat」で剪定。収量を少なく抑えて、品種最高の表現を得ています。クリアで鮮やかなルビー色。ノーズは、魅力的なスミレ、チェリー、醤油、ハーブのニュアンス。ミディアムボディで、滑らかでフレッシュ、力強いベリー類の核を持ち、滑らかでがっしりとした後味では、融和したタンニンにより支えられています。

・ディアンヌ ド ベルグラーブ(赤)2011

メドック5級、シャトー・ベルグラーヴのセカンドワイン。メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン27%、プチ・ヴェルド3%の構成。ファーストワイン同様、樹齢の若い木から手摘みで収穫されたブドウから造られ、熟成期間は12ヶ月。新樽比率は45%。微妙な色合いのガーネット色。熟したブラックベリーと黒スグリのアロマ。樽香がとロースト香が心地良く、スムースな果実味とシルキーな独特のタンニンが、深みのある複雑な味わいを作り出す、魅力的な仕上がりとなっています。

12月の新着ワイン


右より
レ・オー・ド・スミス (赤) 2011
・トソ スパークリング ブリュット(白)
・ディアンヌ ド ベルグラーブ(赤)2011


・レ・オー・ド・スミス (赤) 2011

グラーヴの格付けシャトー、スミス・オー・ラフィットのセカンド・ワイン。色は密度の濃い鮮やかなルビーレッド。ノーズはチェリーや苺、ラズベリーを想わせるフレッシュな赤果実のアロマに、バニラやスパイスのニュアンスが入り混じった含みを持っています。官能的で柔らかな口当たり、調和した酸味は、飲みやすいですが、同時に溶け込んだシルキーなタンニンによる力強さも併せ持っています。フレッシュな果実味とスモーキーなニュアンスの複雑な余韻が長く続きます。

・トソ スパークリング ブリュット(白)

アルゼンチン、メンドーサ地方マイプ地区のスパークリングワイン。品種はシャルドネ100%。少し緑色がかった、輝く淡いレモン色をしていて、泡が一貫して出てきます。繊細で融和した香りは、ほのかにトースティーでイーストがかり、柑橘類のニュアンスが伴っています。飲み口はフレッシュでクリーン、美しくまろやかで、繊細な果実、優しい酸味、魅力的でヴェルヴェットのような舌触りがします。アロマは風味に反映されて、柔らかい後味となってエコーする、調和の取れた飲みやすいスパークリングワインです。

・ディアンヌ ド ベルグラーブ(赤)2011

メドック5級、シャトー・ベルグラーヴのセカンドワイン。メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン27%、プチ・ヴェルド3%の構成。ファーストワイン同様、樹齢の若い木から手摘みで収穫されたブドウから造られ、熟成期間は12ヶ月。新樽比率は45%。微妙な色合いのガーネット色。熟したブラックベリーと黒スグリのアロマ。樽香がとロースト香が心地良く、スムースな果実味とシルキーな独特のタンニンが、深みのある複雑な味わいを作り出す、魅力的な仕上がりとなっています。

11月の新着ワイン

写真右より
ラ・ディヴァット ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リー 2015
サン・テステフ・ド・カロン・セギュール 2013
エミール・デュラン ブルゴーニュ・シャルドネ 2016

・ラ・ディヴァット ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リー(白)2015

「ミュスカデ」は他の地域にはないブドウ品種で、独特の製法によって酸味や旨みを感じる辛口のすっきりとした白ワインになります。「セーブル・エ・メーヌ」とは、フランス・ロワール地方のセーヴル川とメーヌ川周辺の23の村で作られるワインを指し、「シュール・リー」とは、通常行う発酵の途中で出る「澱」を取り除く作業をしない製法のこと。これにより「よりまろやか」で「ミネラル感を得れる」と言われています。緑がかった淡い黄色で、力強い花の芳香はスパイスとワインの含みがあります。豊かで爽快、バランスのとれた風味は、春から夏にかけて魚介料理と楽しむのにピッタリです。

・サン・テステフ・ド・カロン・セギュール(赤)2013

力強さと繊細さをあわせ持つボルドー、サン・テステフ村カロン・セギュールのサードワイン。このワインは樹齢の若いブドウから造られているため、フレッシュでより親しみやすい味わいが特徴。2013年のボルドーは、不安定な天候が続く厳しい年でしたが、収量を抑え、カベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド比率を上げることで傑出した味わいを造り出しました。軽やかな味わいですが、優雅で高い品質を感じます。ちなみにラベルのハートマークは、かつてラフィット、ラトゥールも所有したセギュール侯爵がこのワインを最も愛したゆえに付けられたと言われています。

・14ハンズ カベルネ・ソーヴィニヨン (赤)2015

米国ワシントン州コロンビア・ヴァレーの赤ワインです。14ハンズとは、かつてこの地域を駆け回っていた野生のアラブ種の子馬の高さが、わずか14ハンズ(掌14個分)しかなかったことに由来し、野生馬の精神を称賛するラベルが印象的です。このカベルネ・ソーヴィニヨンは、ダークチェリー、ブラックカラント、コーヒー、そしてほのかなスパイスの含みを持ち、スパイシーなオークの含みが補完し、洗練されたタンニンが強調します。トマトとバジルのブルスケッタ、ナスのパルメザンチーズ焼き、クラッシュハーブのプライムリブ、ビーフステーキ、ボリューム満点鹿肉のシチューなど、様々なタイプのレシピに合います。